FC2ブログ
2011.09.15 救急の話
救急の話を託児つきで聞きました。
子供の異物除去
元気だった子が急に変な咳をしてむせる時は
声が出ない時は何かをつまらせたと、疑うといい。
顎をあげて、背中をたたく。
大人は横に向けて背中をたたく。

やけど
やけどをして出来た水ぶくれはやぶらない事。
バケツに水を入れ、手ならそこに手を入れてバケツに
水を入れて手を冷やす。直接手に水をかけないようにする。
無理に服などをぬがさない。
子供の手のひらぐらいのやけどは119へ。
これからは、テーブルの上の熱いコップに注意。

出血は傷より大きめのガーゼで上から押える。
家族以外の人の出血は感染予防にビニールの手袋をして
押える。ない時はビニール袋を代用する。

胸骨圧迫は胸の真ん中を真上から押す。
斜めに押すのはダメ。

ADEは子供用のパットがなかったら大人用を使用する。
子供用を大人に使用してはダメ。
感電予防に必ず電気ショックをあたえる時、離れる事。
心臓の震えをとめるもの。

熱性けいれんは遺伝性が高いので、自分がやったことがあるか
親に聞いておくといい。
初めてのけいれんは、要注意なので病院へ。
左右対称にけいれんしているか見ること。
一部のみは、危険。
ものすごく勉強になりました。
ルビーの時は、こんな講座をうけた事がなく、応急処置もすることなく
ルビーが大きくなってくれた事に感謝です。
講師の方の手際のいい指導に、うんうんと頷きっぱなしでした。

託児中のローズはハンバーグを作った事を担当してくれた
方に話をしていたようです。

ローズ語録
朝、でかけるのでローズがぐずぐずしていたので、
「お留守番する?」と言ったら
「ヤダ」とローズ。
「まだ、時間はある」とローズ。
時間があるって、その自信はどこから。
「時間がないよ」と私でした。

ルビーに髪の毛をしばってもらっていて飽きたローズ。
ルビーが「かわいいかわいいしてあげるよ」
ローズ「ヤダ」
ルビー「ハムちゃんのシールはってあげようかな?」
ローズ「へぇええー」
ローズ「わかった、やる」とあっさりシールにつられる
ローズでした。(笑)
みかん

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://syakooyako.blog110.fc2.com/tb.php/1562-1443cd38