FC2ブログ
1104300000.jpg




ルーヴル美術館にて日本人として初めてモナリザの絵を
模写された斎藤吾朗さんのお話を聞きに行ってきました。
とっても、楽しかった。
話がおもしろい。絵も、おもしろい。
講演後、作品を1つ1つ説明してくれて、なるほどなるほど
とまた楽しかったです。
赤を基調とした絵を描かれる方で、近くで見るのと遠くで見る
のでは、まったく違うえなんですよね。楽しい。
講演の内容
22年生まれで64歳。
小さい頃から絵を描くのが好きで、母が、上手だね、めったにおらんよ
とよく褒めてくれた。
家の柱、壁、火鉢、鉄瓶まで書いて火傷までした事がある。
チョークで仏壇の扉にも仏の絵を描いた事があり、その時、母は
怒らずにその書いた仏様に手をあわせてくれたと。
母が絵を喜んでくれるから絵描きになったんだろうなーと。

母への土産にとモナリザの絵の模写をした。
模写の許可をしてもらおうと、毎日美術館に通ったと。
本物の2-3メートルの場所から一般の方が見てる所で模写したと。
50年ぶりの許可で日本人初、書いている時フランスをあげて応援し
てくれたと。絵の裏には許可書印があり、自分が生きている間は
手元においておくのが約束事。

日本に帰って来た時、夕焼けで赤土があり、赤を使った絵を
書こうと。
身近なものを書けばいいんだよと教えてもらった。

黄色のポストの絵の事もふれて、知り合いの方が震災に
あわれたと言ってました。
この方のワークショップに親子で5/15行きます。
ものすごく楽しみです。

名古屋の錦へルビーの手芸用品を買いに行ってきました。
その帰りに金山の柿安さんにバイキングへ。
今週は24日にも名古屋へ行ったので2回も行きました。
めったに名古屋に行かないので、びっくりな週でした。

あとあと、ずっと前から行きたかった紙の温度へ。
いろんな材質の紙がずらーとあり、ルビーとうっとり見て帰って
きました。お値段も高いので見るだけです。(笑)
みかん
スポンサーサイト